カテゴリー:長野県の記事一覧

ふるさと納税特産品一覧サイト

応援したい地域がある!応援したい気持ちがある!

カテゴリー:長野県

ふるさと納税でパソコンがもらえる自治体は?

ふるさと納税でパソコンがもらえる自治体は?

実質2000円の寄付で豪華返礼品がもらえるふるさと納税。

 

返礼品の中でも、とにかく人気ジャンルなのが、家電です。さらに、家電の中でも人気が高いのがパソコン。

 

今回は、ふるさと納税をすることでパソコンがもらえる自治体を集めてみました。

 

長野県飯山市の返礼品はマウスコンピュータ

 

長野県飯山市ふるさと納税

 

パソコンにおけるMade in Japanの火を消さないでくださいという応援メッセージにもあるように、長野県飯山市は、1972年に飯山電機株式会社(現iiyama)が設立されています。

このため、長野県飯山市の返礼品には、iiyama製のモニタを扱うマウスコンピュータ

 

マウスコンピューター10.1型2in1タブレット(寄付金額90,000円)
マウスコンピュータキューブ型LM-nano01V64G-IIYAMA(寄付金額90,000円)
「made in 飯山」マウスコンピューター11.6型ノート「MB-C250X1-S2-IIYAMA」(寄付金額140,000円)
マウスコンピューター キューブ型PC「LM-nano01V64G-A-IIYAMA(オフィスソフト/ワイヤレスキーボード&マウス付モデル」(寄付金額140,000円)
「made in 飯山」マウスコンピューター15.6型ノート「MB-F555BN1-S2-IIYAMA」(寄付金額250,000円)
マウスコンピューター組立体験&名前印刷付!スリム型デスクトップパソコン「LM-iHS320S-S5-KW-IIYAMA」(寄付金額250,000円)
「made in 飯山」マウスコンピューター タワー型クリエイター向けデスクトップパソコン「DAIV-DGZ510S1-SH2-IIYAMA」(寄付金額420,000円)

 

マウスコンピュータのパソコンは、受付確定後3週間程度で出荷されます。

 

 

寄付金の活用方法

 

長野県飯山市のふるさと納税は、「悠久のふるさと飯山応援金」として以下の用途で運用されます。

 

・「地方創生・まちづくり」

・「文化・歴史」

・「自然・景観・観光」

・「教育・福祉・子育て」

・「地域中核医療機関の充実」

 

これまでの寄付金総額、活用実績はこちらを参照してください。

 

長野県飯山市の実績

 

長野県に長野新幹線が開通してから、駅周辺の整備事業を応援する人もいますが、やはり「自然・景観・観光」と「教育・福祉」を応援する人が多いのがわかります。

 

 

長野県飯山市を応援したい人はこちら
↓↓↓

 

 

 

長野県安曇野市はエプソンとソニーVAIO

 

ふるさと納税 VAIO

 

SONYのVAIOノートパソコンが返礼品でもらえることで超人気の長野県安曇野市ですが、市内の産業として、セイコーエプソングループや、VAIOなどの家電メーカーが拠点を設けているからです。

 

VAIOは型落ち品もあるので、ねらい目です。

 

 

Endeavor AT993AZM2(寄付金額420,000円)
VAIO S13(シルバー)<2016年1月発売モデル>(寄付金額450,000円)
VAIO S11(ブラック)<2015年12月発売モデル>(寄付金額460,000円)
VAIO S15(ホワイト)<2016年1月発売モデル>(寄付金額480,000円)
VAIO S11(ブラック)<2017年9月発売モデル>(寄付金額500,000円)
VAIO S13(ブラック)<2017年9月発売モデル>(寄付金額500,000円)
VAIO S15(ブラック)<2017年9月発売モデル>(寄付金額500,000円)
VAIO Z(フリップモデル・ブラック)<2015年12月発売モデル>(寄付金額550,000円)
VAIO S11(ブラック)<2015年12月発売モデル>(寄付金額460,000円)

 

 

VAIO Z(フリップモデルブラックは、5台限定なので、検討している人はお早めに(時期によっては、すでに受付が終了している可能性があります。

 

寄付金の活用方法

 

長野県安曇野市は、あなたの寄付金を、3つの重点施策、および市長が選定する政策の取り組み費用の一部として活用します。

 

・活力あふれるまちづくり

・健康長寿のまちづくり

・豊かな人をはぐくむまちづくり

・市長が選定するまちづくり

 

 

長野県安曇野市を応援したい人はこちら

↓↓↓↓↓

ふるなびトラベルの使い方は?

ふるなびトラベルの使い方は?

ふるなびトラベルとは?

 

 

ふるなびトラベルは、ふるなびを運営しているアイモバイル株式会社が2017年10月よりスタートした体験型のふるさと納税サービスです。

 

ふるさと納税専門サイト「ふるなび」と大手旅行代理店の「日本旅行」が提携しています。

寄付をすることで、トラベルポイントが付与され、ポイントを利用して旅行に行けるというサービスです。

ふるなびトラベルが提供する旅行プランは、地域の魅力あふれる特産品のお土産や観光施設の利用体験などのアクティビティをつけることができます。

 

もちろん、寄付した金額から実質2,000円をひいた分があなたの所得上限まで税金控除されるため、節税のメリットがあります。

 

節税の上限金額などについて詳細はこちらをご確認ください。

ふるさと納税で、あなたはどこまで節税できるのか

 

ふるなびトラベルにはどんなプランがあるの?

 

ホテル鐘山苑 ふるさと納税

 

山梨県河口湖近くにある富士山の見える温泉旅館であるホテル鐘山苑の1泊夕朝食付きプラン(提携自治体:山梨県富士吉田市)。

 

 

ふるさと納税 白馬

 

白馬コルチナスキー場を目の前に持つホテルグリーンプラザ白馬1泊夕朝食付きプラン(提携自治体:長野県小谷村)。

冬場のスキー・スノーボードを考えている人には、ものすごく嬉しいプランですよね。

 

 

下呂温泉

 

岐阜県屈指の名湯下呂温泉の街並みを見下ろす湯之島館1泊夕朝食付の宿泊プラン(提携自治体:岐阜県池田町)。

 

 

ふるさと納税 伊勢旅行

 

伊勢にある古のお宿「伊久」の1泊夕朝食付き宿泊プラン(提携自治体:三重県明和町)。

 

 

富士河口湖町 ふるさと納税 旅行

 

南仏プロヴァンス地方を思わせるような富士河口湖のラビスタの1泊夕食付の宿泊プラン(提携自治体:山梨県富士河口湖町)。

 

 

ふるなびトラベルの使い方は?

 

ふるなびトラベルの利用方法は、2種類あります。

 

それは、ふるなびトラベルの中から行きたい場所を探して決める場合と、寄付する自治体を選んで決める場合の2種類です。

 

 

 

ふるなびトラベルのポイントの貯め方は?

 

 

ふるなびトラベルポイントを貯めるには、ふるなびで対象の自治体を選択して対象プラン(ふるなびトラベルで利用できるプラン)をえらび寄付をします。

寄付金額に応じたポイントが付与されます。

 

ふるなびで寄付する際は、クレジットカード決済のみとなります。

 

 

トラベルポイントは、ふるなびトラベルにログインし、マイページにて現在の保有ポイント、ポイントの出納履歴、利用申請履歴を確認することができます。

 

 

ポイントに有効期限はあるの?

 

ふるなびトラベルポイントは、有効期限はありません。

 

ポイントは本人以外が使ってもいいの?

 

ポイントの利用申請は、ふるなびトラベルで行いますが、実際の宿泊者が異なっていても問題ありません。

たとえば、お子さんの卒業旅行祝いに宿泊プランをプレゼントなんて使い方もできそうですよね。

 

 

ふるなびトラベルで利用できる地方自治体は?

 

ふるなびトラベルで利用できる地域は、2017年10月時点で8自治体です。

 

山梨県富士吉田市、山梨県山中湖村、山梨県富士河口湖町、長野県飯山市、長野県小谷村、岐阜県池田町、三重県明和町、山口県山口市

 

 

山梨県富士吉田市

 

富士吉田市(ふじよしだし)は、富士山の北側、富士五湖地域の中東部に位置し、標高700~900メートルに市街地を形成する高原都市です。
古くから富士山信仰の町として栄え、現在でも多くの登山者が富士山頂を目指し吉田口登山道を利用しています。
富士吉田の中には雄大な「富士山」を望めるスポットが満載で、市内各所から富士山を眺められるロケーションが魅力です。
グルメでは美味しい水と伝統が生んだ味、名物「吉田のうどん」が市内に60軒以上あり、ソウルフードを堪能できます。

引用元:

 

 

山梨県山中湖村

 

山梨県の東南部に位置する「山中湖(やまなかこ)」は、面積6.57k㎡と富士五湖の中で最大であり、 水深は13.3mと一番浅く、海抜980.5mと一番高い場所にある「富士山にいちばん近い湖」です。
富士山世界文化遺産と併せて「山中湖」も構成資産のひとつとして登録されました。
富士山をはじめ、湖や周辺の山々は、富士箱根伊豆国立公園に指定され自然公園法により保全されており、豊かな自然を四季折々に満喫できます。
山中湖の周辺には、温泉施設、公園、文学館、お花畑、ハイキングコース、キャンプ場など、多くの魅力ある観光施設や宿泊施設があります。
山中湖は「白鳥の湖」としても知られ、以前よりオオハクチョウが越冬にやってきました。
近年はコブハクチョウが定住し、通年で白鳥を観察することができます。
豊かな自然に恵まれた山中湖は、野鳥の宝庫で「山中湖文学の森公園」の園内では50種以上の野鳥が見られ、日本でも有数のバードウォッチングの場所として知られています。

参照元:ふるなびトラベルポイント

 

 

山梨県富士河口湖町

 

富士河口湖町(ふじかわぐちこまち)は、日本のほぼ真ん中、日本最高峰の富士山の北側に位置しています。周りは緑豊かな山々に囲まれ、青木ヶ原樹海に代表される森林と原野があります。
しかしなんと言ってもその特色は、富士五湖のうち、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖という全く特徴の異なった湖を地域内にもっていることです。
これらの自然がおりなす独特の風景は日本でも屈指の景勝地として高い評価を得ています。後世に向け「富士山」が世界文化遺産であり続けるよう様々な政策に取り組んでいます。

引用元:

 

 

長野県飯山市

 

平成27年3月に北陸新幹線 飯山駅が開業した飯山市。市内には、四季折々の豊かな自然と、歴史文化に根づいたたくさんの宝物がいっぱい。山々の稜線と千曲川に抱かれた里山と田園風景、寺社を中心に 多くの歴史文化や伝統工芸が息づく、北信濃の玄関口です。
日本有数の豪雪地帯で、冬はスキー・スノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむことができ、春になるとその雪解け水が農産物をはぐくみます。特に、甘くてふっくらおいしいお米は、多くのリピーターを呼ぶ人気返礼品の1つ。ぜひ一度は味わっていただきたい逸品です。
新幹線開業により、首都圏から最短2時間以内でつながる「悠久のふるさと」となりました。ふるさと納税を通じて飯山の魅力をお届けします。

 

 

長野県小谷村

 

小谷山地から日本海へと向かう姫川の谷沿いに、かつての「塩の道」の要所として栄えてきた村、それが「小谷」です。
現在も、昔ながらの里山の生活、知恵やしきたりなどが大切に守られ、各々有形・無形の文化財を伝えています。
おとずれた瞬間、どこか懐かしく、ほっと心安らぐ郷愁を感じさせてくれます。
雄大な北アルプスの山々を望み、厳しくも豊かな自然に囲まれた小谷村は多くの登山者を魅了する山岳は、凛とした強さと優しさを感じさせてくれます。
日本の原風景が残る里山は、懐かしさとともに大切なものを思い出させてくれるようです。
自然豊かな小谷では、四季それぞれの魅力を楽しみながらできるアウトドアの遊びやスポーツがあります。
ウィンタースポーツはもちろん、グリーンシーズンも様々なアクティビティが楽しめます。

 

岐阜県池田町

 

木曽三川によって形成された広大な濃尾平野の最北端に位置し、西に924メートルの池田山を背負い、山地の総面積は町の総面積の1/3にも及びます。
東は神戸町、南は大垣市、西は垂井町、北は揖斐川町に隣接し、町の中央は国道417号線が南北に縦横しており、大垣に12キロ、岐阜市へ20キロの位置にあります。
霞間ヶ渓公園は、4月初旬頃になると約1,500本の桜が一斉に咲きます。大津谷公園では、渓谷沿いに桜が咲き花見を楽しむことができます。
夏になるとふれあい街道沿いを茶畑の新緑が美しく彩ります。大津谷公園では、キャンプやバーベキューを楽しむ人々で賑わいます。
11月中旬になると、池田山山麓の木々が色鮮やかに染まります。中でも霞間ヶ渓公園の紅葉はすばらしいものです。
冬になると池田町は真っ白の雪で覆われます。朝日に照らされ、銀白に輝く池田山や、波打つようにみえる茶畑の景観は美しいものです。

 

 

三重県明和町

 

三重県明和町(めいわちょう)は、東は伊勢市、西は松阪市に面しており、広々とした田園風景に囲まれ豊かな海産に恵まれたまちです。
天皇に代わり伊勢神宮の天照大神に仕えた皇女「斎王」が住んでいた幻の宮「斎宮」があった場所としても知られ、多くの遺跡や古墳が残っており現在も発掘調査が行われています。
ぜひ、明和町に足を運んでいただき、幻の宮「斎宮」をお楽しみください。
また、大淀祇園祭は疫病除け、農漁業の繁栄を祈って江戸時代有機から始まった祭りで260年続いています。
毎年旧暦6月14日頃に行われ、山車が大淀地区を練り歩き威勢のいい笛や太鼓が祭りの雰囲気を盛り上げます。
山車を2隻の漁船に乗せて大淀港に浮かべる海上渡御で祭りはクライマックスを迎え、夜には花火大会も行われます。

 

山口県山口市

 

山口市は山口県のほぼ中央に位置し、豊かな自然や歴史が共存する文化都市です。
室町時代に大内弘世がここ山口市を大内氏の本拠としたことで発展し、その後の大内義興・義隆の頃には西国一の大名として栄華を極めました。
また幕末には萩市から山口市に藩庁が移され、明治維新の中心的役割を果たします。
維新の志士や文化人も入浴した「湯田温泉」。穏やかな瀬戸内海、癒しの森。山口市には歴史遺産や自然が数多く残り、観光都市としての発展も期待されています。「SLやまぐち号」や足湯など、さまざまな体験を通し、ぜひ山口市を感じてください。